雅楽の唱歌-篳篥編-Japanese traditional court music "GAGAKU"singing-HICHIRIKI-
雅楽の唱歌-篳篥編-Japanese traditional court music "GAGAKU"singing-HICHIRIKI-
さくらこ
雅楽をマスターするときに欠かせない雅楽の唱歌(篳篥編)を一週間に一度、配信していきます。
沙陀調音取
IC_A_011.MP3沙陀調音取沙陀調音取
Dec 12, 2008
38 sec
盤渉調 輪台
盤渉調 輪台 唱歌 IC_A_010.MP3
Oct 28, 2008
9 min
平調皇声急 唱歌
We will deliver "平調 皇声急Hyojyo-Oujyo no kyu" this time. This tune belongs to "唐楽Touaku". And, it is performed by "管絃 Kangen"style. "Kangen"means only instruments style without dance. This tune has the melody that doesn't seem to be "平調 Hyojyo". Therefore, it is a little difficult of you to understand the interval of the melody correctly. But, it might be easy for you to play it because this is a monotonous tune. 平調皇声急 唱歌.MP3 リクエストにお答えして 平調 皇声急を送ります。 リクエストを下さった方、ありがとうございます!! この曲には若干平調らしくないフレーズがでてきます。 冒頭の トヲホリ がそうです。 このフレーズがでてくると、ちょっと音程が乱れますので 注意が必要です。 それ以外は簡単だと思います。 あまり旋律的な曲ではないですね。
Jan 31, 2008
7 min
「壱越調 迦陵頻 Ichikotsu-cho KARYOBIN」
今回は「壱越調 迦陵頻 Ichikotsu-cho Karyobin」をお届けします。 この曲は管絃、舞楽ともに演奏されますが、 管絃のみで演奏されることは少なく、舞楽曲としてのイメージが強いです。 また時には管絃舞楽として演奏されることもあります。 「迦陵頻 Karyobin」は児童4人が舞う童舞「Warabemai」です。 児童は両手に銅拍子をもち、それを打ちながら舞いますが、 この銅拍子を打つ音が迦陵頻の声を真似ている、といわれています。 舞人は舞い終わったあと、一人ずつ順次舞台から降りていき、 最後の舞人が退くのを見て、演奏者は「臨時止手りんじとめて」と呼ばれる、 楽曲を途中で止めるときの決まった旋律を奏して終わります。 壱越調 迦陵頻急 唱歌ー篳篥編ー We will deliver " Ichikotsu-cho Misasagi KARYOBIN" this time. This tune is performed as a style only of the music of traditional court music or a court dance and music style. However, being performed as a style only of music is a little. This tune is already established as the tune of the court dance and music style. "Misasagi KARYOBIN" is "WARABEMAI" where four children dance. The child has the one that it is round made of copper in both hands, and dances while striking it. The one that it is round made of copper this is said that the beat will mimic the voice of Misasagi. After it finished dancing, the dancer gets off the stage one by one one by one. When the last dancer moves backward, the player plays the short melody that is called "Rinjitomete". "Rinjitomete" is a melody decided when music is stopped on the way. Thus, "Court dance and music Misasagi KARYOBIN" ends.
Apr 25, 2007
5 min
黄鐘調 越殿楽の唱歌ー篳篥編ー
The 6th is a singing of "Ousikicho no Etenraku". "Ousikicho no Etenraku" is this one of "Etenraku sancho" as well as the last time "Bansikicho no Etenraku". Personally, I like this "Ousikicho Etenraku" in three kinds of "Etenraku". The reason is that it is melody music. The melody advances in the tune to flow without the jump of the sound. Therefore, I surely think that you come to like this melody. 黄鐘調 越殿楽 唱歌ー篳篥編ー< 第6回は「黄鐘調 越殿楽ーOusikicho no Etenrakuー」の唱歌です。 この「黄鐘調越殿楽-Ousikicho no Etenraku-」は、前回の「盤渉調 越殿楽ーBansikicho no Etenrakuー」と同じく 「越殿楽三調ーEtenraku sancho-」のうちの一曲です。 個人的には、3種の「越殿楽 Etenraku」のうち、この「黄鐘調 越殿楽 Ousikicho Etenraku」が一番好きです。 その理由は旋律的な楽曲だからです。 無理な音の跳躍がなく、流れるようなメロディだからです。 きっとあなたもこの曲が好きになると思いますよ。。
Mar 19, 2007
4 min
盤渉調 越殿楽の唱歌ー篳篥編ー
第5回は盤渉調 越殿楽の唱歌です。 この曲は「平調 越殿楽」と「黄鐘調 越殿楽」とともに 「越殿楽三調」といわれています。 この三曲は「渡物」の関係といわれます。 「渡物」とはある曲を他の調子へ移すことです。 西洋音楽の「移調」と同じような感覚ですね。 この「越殿楽三調」も渡されたのですが、 どの調子の越殿楽が原曲なのかは はっきりしていません。 平調または盤渉調のどちらかが原曲との説はあります。 ただ雅楽の場合、 他の調へ曲をそのまま移すと、 楽器の音域上の制約から 移された曲が原曲とはまったくちがった曲になってしまう ということが見受けられます。 雅楽器の音域は狭いのですね。 とくに主旋律を担当する篳篥の音域が狭いため、 曲をそのまま移した場合、 どうしても出せない音というのが発生してしまい、 旋律を変えざるを得ない と思われます。 この「越殿楽」にしても 音域が近い「盤渉調」と「黄鐘調」は旋律が似ていますが、 「平調」はちがいますね。 このように雅楽には「渡物」といわれる曲がいくつかあります。 雅楽を練習しながら「渡物」を探してみるのも 面白いかもしれません。 盤渉調 越殿楽の唱歌ー篳篥編 The 5th is a singing of "Banshikicho-Etenraku". This tune is called "Etenraku Sancho" with "Hyoujyo-Etenraku" and " Oushikicho-Etenraku". (It means three "Etenraku" that belongs to different key exists. ) This three is called the relation of "Watasimono". "Watasimono" is to move a certain tune to other Key. It is a similar meaning to "Transposition" that is the concept of Western music. However, when you transpose the tune for traditional court music The transposed tune's becoming a tune quite different from an original tune learns by experience. This seems it is because of compasses of musical instruments used by traditional court music. Compasses of musical instruments used by traditional court music are narrow. Therefore, when you transpose the tune as it is The sound of perform impossible is generated. In such division It seems that it cannot help changing the melody of an original tune. This "Etenraku" The melody looks like "Banshikicho-Etenraku" and "Oushikicho-Etenraku". The reason is that the compass is near these two key. However, "Hyoujyo" is different. There are some tunes called "Watasimono" in traditional court music like this. Looking for "Watasimono" while practicing traditional court music might be also interesting.
Mar 11, 2007
4 min
太食調 長慶子の唱歌ー舞楽・篳篥編ー
第4回は 太食調 長慶子の唱歌ー舞楽・篳篥編ーをお届けします。 この「長慶子」という曲は源博雅の作とされています。 舞楽演奏会の際には、必ず最後に舞楽吹きで演奏され、 昨今はそれを聞きながら観客が退出するという慣わしになっています。(退出音声まかでおんじょうという) 舞楽吹きではありますが舞はありません。 左方の太鼓と右方の鼓が入り、リズミカルな曲です。 太食調 長慶子 唱歌 -舞楽吹き 篳篥編 The 4th We will deliver the singing court dance and music <源博雅 Minamoto no hakuga> made this tune < 長慶子 CHOUGEISI >. This tune is always performed at the end of the court dance and music concert. In that case, it is performed by < court dance style rhythm >. Recently, it is a custom that the spectator leaves while hearing it. This is called < leaving voice 退出音声 Makadeonjyou >. There is no court dance, though < CHOUGEISHI > is performed by < court dance style rhythm >. < left drum TAIKO of left side > and < right hand drum Tsuzumi of right side > join at the same time, and a rhythmical tune.
Mar 2, 2007
3 min
平調 陪臚の唱歌ー管絃、篳篥編ー
第3回は<平調 陪臚>の唱歌をお届けします。 この曲は<越天楽>や<五常楽>と違って、「早只四拍子」という拍子でできています。 「早只四拍子」とは二拍と四拍の組み合わさった複合拍子のことです。二拍+四拍の六拍が一フレーズとなります。 舞楽のときは八多良拍子(夜多良拍子とも)という、二拍+三拍の複合拍子で演奏します。 それでは拍子の違いを感じながらお聴き下さい。 平調 陪臚 唱歌ー篳篥編ー The 3rd delivers the singing of < 平調 陪臚 Hyoujyou Bairo>. This tune consists of a rhythm different from < 平調 越天楽 Hyoujyou Etenraku> and < 平調 五常楽 Hyoujyou Gosyouraku> It is a rhythm of "早只四拍子 Haya Tada Yohyousi". "早只四拍子 Haya Tada Yohyousi" is ..combination.. compound time of 2 and 4. Six of 2+4 becomes one phrase. Moreover, it performs by "八多良拍子or 夜多良拍子 Yatarahyousi" at court dance and music. "八多良拍子or 夜多良拍子 Yatarahyousi" is a compound time of 2+3. 。 Then, please listen while feeling the difference of the rhythm.
Feb 22, 2007
4 min
平調 五常楽急 唱歌
第二回は「平調 五常楽急」の唱歌です。 この曲は、唐の太宗が作ったとされています。 仁・義・礼・智・信を五常といい、 これを五音に配したといわれています。 演奏技術的にはとくに難しい技術も必要とせず、 簡単な曲と思われます。 The second times are the singings of ".平調 五常楽急 Hyoujyou GOSYOURAKU NO KYU". This tune is assumed that 太宗(TAISOU) of the Tang Dynasty age made it. Benevolence,justice, etiquette, intelligence, and faithfulness are said it is five eternal, and it is said that this was distributed to five sounds. The difficult skill is not especially needed performing technically, and it seems that an easy tune. Te-e-Ru-Re-e-Ee・Ta-Aa-Re-e-Ee・Ta-Aa-Fa-a-Aa・Ta-Aa-Re-e-E テ エ ル レ エ ・タ アレ エ ・タ ア ハ ア ・タ ア レエ Ta-Aa-Fa-a-Aa・Ri-Ii-Ya-Ri-i-Fi・To-Oo・To-O-RU-Ro-Oo-Oo-Oo タ ア ハ ア・リ イ ヤ リ ヒ・ト ヲ・ト ヲ ル ロ ヲ 引引 Ta-Ri-Fi-i-Ra-Fa-Re-ei-Ra-Aa-A-Ri-Ro-Fo-o-Oo・To-Ro-Ru・ タ リ ヒ ラ ハ レ ラ ア ア リロ ホ ヲ・ト ロ ル・ Tsu-Uu-Ro-o-Oo ツ ウ ロ 引 Ta-Aa-Ri-i-Fi・Te-Ei-Ra-Ra-Aa-Fa-a-Aa・Ta-Aa-Fa-Aa-Aa-Aa タ ア リ ヒ・テ エ ラ ラ ア ハ ア・タ ア ハ ア 引 引 平調五常楽 唱歌
Feb 15, 2007
3 min
平調 越天楽の唱歌-篳篥編-
雅楽の唱歌、第一回は 平調 越天楽の唱歌です。 The singing and the first time of traditional court music It is a singing of ゛平調 越天楽Hyoujyou no Etenraku゛. 平調 越天楽は黒田節の原型といわれる曲です。 雅楽を全く知らない人でも 結婚式や神社でよく流れている曲といえば 何となくイメージができるのではないでしょうか。 この曲は演奏技術的には決してやさしい曲ではありません。 にもかかわらず、雅楽を始める際に必ず一番初めに習うのは、 この曲が有名だからでしょう。 ゛平調 越天楽Hyoujyou no Etenraku゛ is a tune called the prototype of ゛黒田節 Kurodabusi゛. Even the person who doesn't know traditional court music at all The tune that flows well in the wedding and the Shinto shrine might be able to image it somehow. This tune is not an easy tune at all performing technically. It learns without fail most in the beginning when traditional court music is started however because this tune is famous. 平調 越天楽の唱歌 The singing of Hyoujyou no etenraku shoga チ-ラ -ロ-ル -ロ タ -ア-ル-ラ -ア チ-ラハ テ-リ- レ -タ Chi-Ra-Ro,o-RU-Ro,Ta-Aa-Ru-Ra,a-Aa,Chi-RaFaTe,e-Ri-Rei-Ta, ア -ル -ラ -ア Aa-Ru-Ra.a-Aa ト -ヲ -ホ- ロ-ル ト-ル-ロ タ-ロ-ル テ-リ-ラ -ト -ロ -ル To-Oo-Fo.o-Ro-Ru,To-Ru-Ro,Ta-Ro-Ru,Te-Ri-Raa-To,o-Ro-Ru, タ-ア-ル -ラ -ア Ta-Aa-Ru-Ra,a-Aa, タ-ア- ハ- ア タ-ア- リ -イ ト- ロ ト-ロヲルリ-イ-引 -引 Ta-Aa-Fa,a-Aa,Ta-Aa-Ri,i-Ii,To-Ro,To-Rooru-Ri,Ii-Ii-Ii,
Feb 8, 2007
4 min